So-net無料ブログ作成
検索選択
シネマ歌舞伎 ブログトップ

「刺青奇遇(いれずみちょうはん)」試写に行ってきました〜 [シネマ歌舞伎]

 久しぶりのシネマ歌舞伎です。お金を使わず遊ぼう、という魂胆で、試写会にお邪魔してきました。シネマ歌舞伎として10作目で、仁左衛門さん初登場!なのだそうです。長谷川伸の作で、2008年4月歌舞伎座で上演されたものです。

090223cine_kabuki.jpg

 博打打ちの半太郎が勘三郎さん、不幸な人生を送ってきたお仲が玉三郎さん。お仲が、人生イヤになって身投げしたとき、助けたのが半太郎。悪い事の連続と孤独な人生で、何事も投げやりで諦め切っているお仲(玉三郎さんのしんねりいじけた演技がなんとも言えません!)が、半太郎の親切心に触れて(勘三郎さん、こーゆーの、明るくてユーモアがあってお上手です)夫婦になります。でも博打がやめられない半太郎に、不治の病にかかるお仲…。半太郎の人生最後の博打の賭場を仕切るのが鮫の政五郎の仁左衛門さん。ド迫力の親分です!伊右衛門@吉田屋の時と全然違う〜!
 新派っぽいのが好きでなく、どちらかというと義太夫狂言のが好きな私には、ちょいと…って感じもしました。でも勘三郎さん、玉三郎さん、仁左衛門さんの競演の豪華さを堪能、という意味はあるでしょうか。そして画像がキレイで気軽に楽しめる歌舞伎。1時間28分。

 3月7日から、なんばパークスシネマ、MOVIX京都で公開だそうです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
シネマ歌舞伎 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。