So-net無料ブログ作成
検索選択
歌舞伎舞台 ブログトップ

歌舞伎NEXT「阿弖流為」 [歌舞伎舞台]

CQ8h0FiVEAA3gsb.jpg

2015年10月10日昼の部/松竹

久しぶりの観劇。ツッコミどころ満載だった。

アテルイってどんな人?っていう予備知識一切なしで見た。そして三階席だったので、キャストも染五郎、勘九郎、七之助、弥十郎さんくらいしかわからなかった。

全体に「もののけ姫」に似てる。アテルイが蝦夷を追われるキッカケになった神の僕(?)や、竜となって現れた神のビジュアルが、もののけ姫の山犬にそっくり(山犬は、良くできていて、戦いのシーンは面白かった。さすが、人形浄瑠璃やアニメの国)。アテルイが故郷を出ないといけなくなったのも同じだし。お面をつけたビジュアルその他も。山犬以外は、同じ文化を取り扱っているのだから仕方ないかもしれないけど。

荒れた手が美しい、と言うのは、さらば国分寺書店の椎名誠のようだし、クマ(かなりウザい)は「ホテルニューハンプシャー」から?(もう忘れたけど)他にも何かに似ている、と思うようなシーンがあって、寄せ集めのツギハかい!?と思った。

田村麻呂とアテルイの戦いの場面は、構えてる二人がスキだらけで笑った。神をカミングアウトした立烏帽子の七之助さんはとてもよかった♡ほれぼれした。
勘九郎さんは、ビッグネームなのに華がなく、頑張っているだけに見えて、「歌舞伎界の西川きよし」だ。染五郎さんは、大歌舞伎で見るより舞台にしっくりくる。
全体に軽くて、安っぽくて、エンターテインメント過ぎる。音響のドラムは良かったけど、刀が空を切る音などの効果音がアニメのように感じた。「劇団新感線の舞台のようだわ、アレは面白いけど三回見たら飽きる、みんな同じ話のようだものな」と思って、ウチに帰ってからチラシ見たら、作・中島かずき、演出・いのうえひでのり、となってた。な〜んだ、やっぱりな。思いつきはいいんだけど、物語を収束させる力がないわな(勿体なかった)。それにドラマが薄い。演劇なんだからチャンバラばかりでなく、胸に迫るシーンも要ると思う。あ、バンコウが大好きな亀蔵さんだった。見ている時は全然気付かなかった。とってもいい声だった。
座席に置いてあった光るリストバンドも、もっと効果的に使うのかと思ったら、ほぼ、拍手強制のカーテンコールのためのようであった。

もうちょっと芸術的な要素がないと、歌舞伎ファンは楽しめない気がする。もっとファンを信じてほしい。
nice!(0)  コメント(0) 

海老蔵暴行(された)事件&南座顔見世 [歌舞伎舞台]

会社帰りにツイッター見てたら「海老蔵さん、タイヘン!」とかのツイートを見つけて、また何をやらかしとんねん〜!と慌てて帰宅してPCでニュースを探したら、六本木でボコボコにされたって記事が…。ただ、はじめは、殴られただけかと思い、南座近いのにほんとにも〜と思ってたんですが、ニュースがどんどん具体的になったら、怪我の具合やら、エビゾウが悪かっただの、いろいろ噴出して、南座休演で「エ〜!」。
そいで、ここ数年の奮闘公演で、シアワセにしてもらった記憶が甦り、可哀想になって泣いておりました。直後にあったロックのライブもあんまり楽しめなかったりと、ツラい日々(まぁ2、3日ですけど)を送るハメに。
だけど、病院で案外元気そうにしている海老蔵さん夫妻を見て、ホッとして、そいで、心配は終わってわりにフツーの気持ちになりました。

んで、見ていなかったワイドショーを解禁して、案外、歌舞伎や海老蔵さんに好意的なコメントもあって、さらに元気になって、12月7日の南座夜の部に行ってきました。

初っぱなが「外郎売」で、やっぱり愛之助さんはいっぱいいっぱいで余裕ない感じ。聞き慣れた海老蔵さんの強弱、緩急自在の言い立てとは違ってて、終わった後、周りは(私も)がっかりムード。その後「忠臣蔵」「河庄」「鳥辺山心中」そこで10時10分。最後までいたら、一緒の友人が帰れなくなっちゃっうので帰りました。「海老蔵さんがいないとツマラナイ〜」って言いながら。おじいさんたちが台詞噛んだり、とんだり、しっかりせぇよ、って感じだったし。

で、帰りの電車で、携帯から掲示板みてビックリ!この日、記者会見!帰宅して自動録画のニュースを見て、美しさと悲愴な感じに萌えまして、一人でキャーキャー言いました☆海老蔵さんがいないと歌舞伎の舞台はホントにツマンなくて締まりがない。はやく事件が解決して、海老蔵さんの舞台復活の道が見つかりますように!
nice!(0)  コメント(0) 

重責!新橋演舞場〜昼の部は染五郎さんと松緑さんのこと [歌舞伎舞台]

歌舞伎座が閉場して、約三年の間、新橋演舞場がメインホールになると、ポスターやチラシで案内されております。いままでは「花形」の若手本拠地だったのが、責任重大ですね!その歌舞伎座閉場して初めての公演「五月花形歌舞伎」に行って参りました。

◆2010年5月8日
昼の部は三等で見るつもりが血迷って一等をクリックしてしまい…。まずは「寺子屋」から。朝から暗くてヘビーですよね。

源蔵が染五郎、女房戸浪が七之助、松王丸が海老蔵、女房千代が勘太郎、涎くりが猿弥。久し振りの歌舞伎観劇だからか、なんとなくカンが戻って来ず、漠然と拝見してしまいました。染五郎さんに共感わかないというか。前半ちんまりしてるという感想なんですが、みなさんのご感想はどうでしょう?
中〜後半、松王丸が登場していよいよお芝居が盛り上がろうって時も海老蔵さんの個性と染五郎さんの個性がぶつかりあってマイナスになってるような気がいたしました…。海老蔵さんは雪持ち松にワシが舞い降りている全て刺繍の立派な拵えでデカくて、染五郎さんが損してると思った。染五郎さんは、新感線で観た印象が強いからか、サブカル系で器用で洒脱で現代的なイメージなので、不器用なのに押しが強い成田屋さんと並ぶと線が細く感じるのよね。
お芝居は何度か拝見しているので、よく理解できて、松王丸が「泣くな」と千代を叱るところが可哀想で泣いてきました。勘太郎さん、地味でも耐える女の人お上手です。
お焼香のシーンではホントに火がメラメラもえてて、歌舞伎座閉場したとこなのに演舞場まで灰になったら…と心配しました〜。

続いての演目は「吉野山」福助&勘太郎です。ランチタイム明けの演目で、スミマセン、ネムネムでした。福助さんの容色の衰え具合がチョット…。勘太郎さんはキツネを出したり隠したり、ですね。後ろ姿の着付けのバランスの悪さが気になったんですけど、中村屋流なのかしら?好きな演目なのに朦朧としちゃって勿体ないことをしました。

で、なんと昼の部で一番だったのが「魚屋宗五郎」なんです。海老蔵襲名の三津五郎さんの時(松緑さんが三吉)はイマイチお芝居に説得力を感じず、ラストの新・海老蔵の「健吾で暮らせよ」の言葉にひれ伏す宗五郎夫婦にイラっときたのですが…。松緑さんのファニーフェイスでクセの強い喋り方とかがなんとなく江戸の魚屋さん、市井の人にいそうで、妹の死は悲しいけれど磯部の殿様に支度金やらいっぱいもらって家族がたちゆくようになったのだからと家族を説得するのも、妹の同僚女中からなぶり殺しにされた経緯を聞いて悲噴で飲まずにおれなくなり泥酔してしまうくだりも、宗五郎@松緑ならありそう~と自然に受け入れられました。単細胞で実直な感じがよく伝わった。で、酔っ払って殿様のところにねじ込みにいくんですが、手足が長くて歌舞伎ではバランス悪い松緑さんが暴れるのが面白いし、悲しみがより深く伝わりました(→三津五郎さんが悲しみの為に我を忘れ暴れる、というのが納得できなかった。インテリっぽい雰囲気だからかな〜。じっとこらえてそうだから)。ここも泣きポイントでした。
お屋敷で色々あって殿様@海老蔵から詫びを入れられて、さっきまであんなに怒ってたのに恐縮して、見舞金(?)を出されたのを受け取る段も自然に感じて。「健吾で暮らせよ」といわれて、素直に受け止められました。

昼の部最後は染五郎さんの「お祭り」です。これは格好良かったですね〜♪染五郎さんもホラちょっと遊び人っぽいでしょう。そんな色気もあって、一緒に踊るのが中学生くらいのコで若々しい舞台でした。海老蔵さんとはまた違ったいい男振りが楽しめて、染五郎ファンの気持ちがわかった気がします。

なんか昼の部は染五郎さんと松緑さんのことばかり考えてしまった観劇でした!
nice!(0)  コメント(0) 

海老蔵礼賛出張所/藤十郎襲名披露 [歌舞伎舞台]

中村鴈治郎改め坂田藤十郎襲名披露
七月大歌舞伎 平成十八年七月二日〜二十六日

■2006年7月8日 昼の部
 ボーナスの出た次の日、やや憂鬱な気分ででかけました(だって額が少ないんだもん!)。一等一列目です。歌舞伎見てウサ晴らしです〜。

信州川中島 輝虎配膳」
 平成十四年の松竹座の新春興行、成田屋さんの「連獅子」見たさに通っていたときに、嫌っちゅうほど見ましたがな、「輝虎配膳」。はじめは、地味でつまんない芝居!と思っていたのが回数を重ねることに面白さがわかってきて、越路役の竹三郎さんが好きになったのでした。それから四年後の今回、我當、進之介、竹三郎、秀太郎の主要キャストはそのまま。唐衣が吉弥さんから孝太郎さんに変わったのみ。デジャブーな感覚で拝見しました。
 竹三郎さんの品がよく気高くいい感じ、秀太郎さんの誠実さはそのまま。我當さんはほんの少し衰えた(←ホントにほんの少しです)かな。そして、あっぱれ、我らが進之介さんは、やっぱり子ども歌舞伎のような演技のぶち壊しぶりで、そろそろ転職を考えた方がよいのではないかと思った。まわりが技アリな感じの方ばかりなので、その芝居のしていなさぶりが際立って。歌舞伎の知識を生かして劇場や裏方の仕事で一旗あげたらどうなのだ、と人ごとながら心配しました。

「連獅子」
 そして次も平成十四年の新春興行と同じ演目の「連獅子」。翫雀と壱太郎(かずたろう)父子。翫雀さんにこんな大きなお子さん(15、6歳くらい)がいらしたとはビックリ。背は翫雀さんより大きいが、まだ線が細くて、踊りもダンスみたい。谷に突き落としたら五分五分くらいでダメかもな、と感じさせる子獅子。でも一生懸命でとても好感を持って拝見しました。長唄やお囃子のみなさんの演奏もじっくり聴いて、とても楽しめました。
 今度海老蔵さんの「連獅子」を見る時は、海老蔵と新之助父子になるのだな、それはまだこれから十数年先なんだな、と思い少し寂しくなりましたです。

口上
 少し人数少ない?と思いましたが(左から仁左衛門、段四郎、壱太郎、翫雀、藤十郎、雀右衛門、我當、時蔵、秀太郎、菊五郎ってな感じだったと思う。総勢十人?)、一人づつがわりといろいろ話をされたのが良かったように思いました。その中で我當さんが短めで、当たり障りのないお話だったので、仲が悪いのかな、と勘ぐってしまいました。壱太郎さんがお出になるなら、愛之助さんや孝太郎さんもご列座されればよいのに、とも思いました。

「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」
 昼の部の襲名披露狂言。夏の大阪でこの演目を見たい!と思っていたので、念願かなった感じ。ただ、平成中村座のニューヨーク公演の録画を何度もくり返し見ているので、ついつい比べてしまいます。
 まず気になったのは団七と徳兵衛が出会いの時に意地を張り合って押し合うところで藤十郎さんの足腰の衰えを知ってしまったこと。そして、藤十郎さんと仁左衛門さん、お二人ともまだまだ色っぽいと言いながらも、勘三郎さんと橋之助さんにはかなわなかった。三婦は弥十郎さんの背が高くて、いかにも若いとき悪そうだったイメージが大きいので、我當さんはちょっとちっちゃい。でも声はいいです。掲示板でのかむろさんのご指摘の通り、義平次はちょっとモタモタしてしまった。「泥場」が思ったように盛り上がらなかったかな。
 あまり関西の役者さんにこだわらずに配役してもよかったのでは。藤十郎さん一人でも十分浪花気分。菊五郎さんはよかったです。

■2006年7月2日 夜の部
 珍しく初日に観劇。取材も多く華やかな雰囲気です。三等席ですが、松竹座の三等は歌舞伎座の二等くらいの価値があります!

「一條大蔵譚」
 仁左衛門さんが一條大蔵卿。勘三郎さんの襲名披露をNHKでみたけれど、時々退屈で眠かった。仁左衛門さんでも一緒だったので、部分的に演出を変えるか、シナリオを刈り込むなどしてもよいのでは、と思ってしまった。仁左衛門さんの大蔵卿はキュートで可愛く、鬼次郎の愛之助さんも爽やかで全体にバランスよくうまくいっているのに、ちょっと眠いところのあるお芝居でした。

「道成寺」
 はい、夜の部の襲名披露狂言です。踊りわからずのtabuですが、面白く拝見しました。何度も見ている市川崑の映画「獄門島」の中に道成寺の鐘入りのシーンがあって(草笛光子さんが白拍子でとても綺麗で猥雑)音に馴染みがあったので、よけい見やすかったのかも。

「魚屋宗五郎」
 三津五郎さんので見たことがある演目。菊五郎さん、ハマってますね〜。私の好きな権十郎さんもご出演。前回見た時は、ラストが納得いかなかったのですが、今回はまだ(納得するほどでもないけど)ましでした。つまり、そーゆー時代であるということがより伝わったということでしょうか。

------------
 はじめは行く気もなく、チケットも取っていなかったのに、いざ出かけてみると観劇は楽しかった。歌舞伎は見れば見るほどいろいろな楽しみが増すというし、まだまだ初心者といいつつも見始めて5、6年は越しているのだから、だんだんそんな境地に足を踏み入れて来たのかしら???
 筋書の2000円は勿体なくて買わなかったが、代わりに團菊祭とこんぴらの様子がのっている「演劇界7月号」を買って帰ってきた。次は歌舞伎座の7月にいざ!

いままでの海老蔵礼賛
http://www002.upp.so-net.ne.jp/tabunews/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
歌舞伎舞台 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。