So-net無料ブログ作成
検索選択

女義太夫のお話「星と輝き花と咲き」 [本、DVDなど]

南座で歌舞伎を拝見している合間に
松井今朝子さんの「星と輝き花と咲き」を読みました。
ちょうど義太夫狂言にどっぷりなわけだし
帯によると、
「元祖アイドル、元祖追っかけ」の物語らしいから
ミーハー追っかけの私にぴったり♪
book0001.jpg

義太夫の才能に恵まれた大阪女の子綾之助が
義理の母と東京に出て女義太夫として人気を博すようになり
色々な悩みを抱えながらも、自分の気持ちに誠実に
生きて行く物語なのです。
「義経千本桜」は残念ながら出てきませんでしたが
「太十」や「先代萩」など歌舞伎でおなじみの演目や
五代目菊五郎の名前やら、関連なお話がちりばめられてるので
歌舞伎ファンにとても楽しめます♪
タイトルがイマイチかと思うのですが…。
もっといいタイトルがつけられたら、松井さんも
宮本登美子みたいになるのではないかしら
と思いましたよ。
nice!(0)  コメント(0) 

通し狂言「義経千本桜」 [海老蔵礼賛]

9月25日、昼・夜、拝見してきました〜♪
普段は「みどり狂言」な公演が多いので(いままでで通しで拝見したのは「先代萩」くらいで、しかも、各段がそれぞれに進化しちゃってるので、お芝居を通しで観たって感覚ではなかったんですよね)、ひとつの世界をずっと拝見するの、面白かったです。11時から9時まで(10時間やん!)お芝居の世界にひたる、というのも贅沢でした。

minamizanai_2.jpg
昼の部は三階席の中央。舞台までとても近く感じます。

南座はこじんまりした地方のハコって感じで、ちょっとボロっちくって、海老蔵さんのような大スターに来ていただくには申し訳ない気もいたしました。歌舞伎発祥の地でもあるし、東京のヒトは京都が好きだから、いろんな付加価値で底上げされているかな…。顔見世のチラシが置いてあって、一等25000円ですっで。

●鳥居前
 この幕は、壱太郎さんの可愛らしい静がホントよかったです。「お傍にいた時さえ、片時お目にかからねば、身も世もあられぬこの静」「(一緒に連れっててくんないなら)死ぬる、死ぬる」ってウゼー!!なんですが、品を保ちつつ、うざ可愛く演じてらっしゃいました。海老蔵さんは隈取りで登場♪「待てぇ、待ちゃーがれぃ!」忠信です。近頃スッキリお痩せになったのに、この隈取りだと、ふっくらまんまる顔に見えて不思議。むき卵に隈取ったみたいです。腕も脚も隈取り(と隈入りの襦袢にストッキング)で、めっぽうお強い。藤太を踏み破るところが力強くて好きなんですが(ご見物も笑うとこで)、実際、内臓破裂みたいな死に方なので、残酷だなーなんて思ったりもします。

bentou.jpg
一回目の幕間でランチタイム。高島屋の地下で買ったお弁当。名古屋のお惣菜屋さんのです。

●渡海屋、大物浦
 玉三郎さん登場です。貫禄〜。相模五郎(亀三郎さん)、入江丹蔵(亀寿さん)がキッチリしててよかったです。やっぱり役者さんは声が良くなくっちゃ、だな〜と思いました。
 大物浦は、正直、知盛の最後のトコと相模と入江の戦況報告以外、退屈なんですよねー。お局さんたちも、そんなんだから時代遅れになって負けちゃうんだよ〜。最後の弁慶の法螺貝の音色が毎度なんか情けなくてガックリきます。
 海老蔵さんも修行積んで、見る方のワタシも鍛錬して成長できたころ、また拝見したいです。

wagashi.jpg
二回目の幕間は、仙太郎のおまんじゅう。二個買ったけど、さすがに食べられず、翌日のおやつに。

●道行初音旅
 昼の部の方が、玉三郎さんファンは楽しめますね♪竹本と清元の掛け合いじゃなく、竹本だけの演出です。玉三郎さんと海老蔵さんが並んだ姿が美しくて、夢幻の舞かと思いきや、壇ノ浦の戦いの思い出を語る勇ましい踊りです。

-------------

昼の部が3時に終演で、夜の部が4時15分開幕なので、時間潰しにブックファーストで歌舞伎関係の本を見たりして、そいで夜の食料仕入れてまた劇場に。
夜の入場時に、麻央さんがいらっしゃるのをチラ見しました。南座のロビーが狭いし暗くて、若奥様として頑張ってる!というよりは、ただキレイにして何も考えずに受け身で立ってる感じだった。

minamizanai_3.jpg
夜の部は花道真正面のバルコニー席。オペラみたい♪

minamizanai_1.jpg
三階の鳥屋もばっちり♪

すっごい端っこの席なんで、どうかしら〜と思ったけど、近いし案外見やすくて、お値段もリーズナブル(それでも8000円)でヨカッタ。これから回数行く時はこーゆー席もぜひ座りたい。1列だけで周りにお客さんが少ないからか、ついお行儀悪くなっちゃうようで、近所の初老の夫婦が、茶の間で観劇しているような気にでもなったらしく、ボソボソおしゃべりしながらご覧になるのは閉口しました。ダンナの方が、奥さんにいろいろレクチャーしてるっぽいんですけど、男の人ってスグ知ったかぶりたがるのでイヤねー。

●木の実、小金吾討死
 さて、海老蔵さんの生足を拝見いたしますか。木の実はヤなやつ具合がいいですね〜。奥さん(吉弥さん)は昔にお店を張ってたそうなんですが、今ではすっきりさっぱりそんな面影もなく、姉さん女房よりもさらに権太の母のようです。もうちょっと色っぽい雰囲気を出しちゃダメなのかな。
 小金吾討死は、吉野の田舎で、まだ前髪の小金吾が日本刀振りかざした集団に追い回されて、自分だって子どもみたいなもんなのに、内侍と六代を守らなきゃならなくて、どんなに心細いだろうかと、毎回とても悲しくなります。薪車さんがその薄幸で悲痛な感じにぴったりでねぇ。

sushi.jpg
ひさご寿司というところの「祇園」というセット

●すし屋
 で、木の実、小金吾討死をふまえての、「すし屋」です。お里(梅枝さん)が可愛い♪雰囲気が華やかになってよいです。弥助とのじゃらじゃらもウケてました。弥助にラブ〜なお里ちゃんが、権太お兄ちゃんには、「ハァ?何戻ってきてんの?」みたいな顔するのがお上手でした。リアルです〜。「ビビビビビ〜」も。
 花道からニセ内侍と六代を連れて出てきて(「下にいろい」「つらぁ〜あげろ」とかカッコいい)、海老蔵さんの見せ場が満載なんですが、あんまり「もどり」ってんですか、感慨わかないので、涙、涙のシーンも、全くもらい泣きもなく…。死ぬ必要なかったんじゃん、とか、女房と子どもは処刑されるわけ?とか疑問もいっぱいで。だからつい脚に目がいっちゃうのかしら。

mattya.jpg
まだまだ食べます!ケーニヒスクローネの抹茶ゼリー。とてもさっぱりしています。

●川連法眼館、蔵王堂
 そして、楽しみにしていた最後の幕。忠信カッコいい〜。つまんなさそうだけども。結婚するなら銀平ですか。シゴトができて包容力もある。彼氏は権太。ちょっとくらい悪い方が楽しいし。んで不倫するならホンモノ忠信でしょうかねー。カタブツを籠絡して楽しむという♪←スミマセン、終わりに近づいて気が緩んで妄想してしまいました。
 狐忠信の登場で、いっきに世界はファンタジーに。静に問いつめられて正体あらわすの、三階なのでよく見えました。平伏しているときから下に穴があいてて、着物ほどいたりゆるめたりしているようでした。で、一気にもぐって、モフモフで前に出てくるわけなんですね〜。下座音楽の御簾から突っ込んで、ホンモノ忠信に早変わりして窓から顔出すのも「ドタドタドタ」って走っている音が聞こえたし、絵のようにじっとしてるけど、実は荒い息を抑えてるのがわかりました。しんどいんでしょうねー。目が死んでたよ。
 宙乗りは、上の写真のようにすべてキチンと見える席で、客席の喜び具合もくまなく見えて、劇場中で興奮してうれしくて(みんな笑ってた)拍手、拍手で見送れたのがとてもよかったです。
 そして蔵王堂は立派な舞台を背に中央のすっぽんからせり上がってくる海老蔵さん。さっきの盛り上がりさめやらぬ感じですから、お客さんも拍手甘くなっちゃって、何やっても大拍手です。立ち回りもカッコよかったなぁ〜。

明日が楽ですよね!ホント、お疲れさまです。最後まで気を抜かずに頑張ってくださいませ!
nice!(0)  コメント(0) 

海老蔵奮闘の義経千本桜 [海老蔵礼賛]

9月22日夜の部、行って参りました。
珍しく、会社の同僚Sさんと二人連れ、一等席です♪

「木の実」と「小金吾討死」、休憩をはさんで「すし屋」で、いがみの権太が海老蔵さんです。なんか、脚がキレイなんですよね〜。切り掛かってくる小金吾を足で制してる姿や、すし屋で格子の着物の裾をキュっと持ち上げて決まるトコとか、いちいち美しいです。男性的な美しさですね。そして、女房子どもがいる役で、そのカラミとかも優しかったりぶっきらぼうだったりするのも「萌え」ですな。きっと江戸のお嬢さん方も、贔屓の役者さんのそんな姿に萌えていたのでしょうね〜と思いながら拝見しました。

ところで、Sさんは歌舞伎をご覧になるのが「十二夜」に続いて二回目なので、お話を理解されるか心配で、先に、過去の番附をお貸ししたりしてたんですが、一回目の幕間で、「『洞呂川の陀羅尼助』って薬、買いにいったことがあるのよ〜。江戸時代からあったのね!」と仰っててビックリしました。私はあらすじ読んで、なんとなく薬のことよね、と思ってたので、結構古いことご存知なのねー。イヤホンガイドなしで、全く大丈夫でした。

そして、いよいよ「川連法眼館(かわつらほうげんやかた)」です。クールな男前、忠信、ファンキーキュートな狐忠信、どちらも大好きです♪静御前が忠信を呼び寄せようと鼓を打つあたりから、義太夫の御簾があがって、この時の三味線の方(番附見ると、多分、長一郎さんって方だと思うんですけど)、結構パンチがあって好きなんです。ベース弾くみたいな感じで、クールだけど熱い感じで(好き嫌い分かれるかも、です)。「破傷風」って台詞の中に出てくるので(って言ってたと思うんですが…)、これも江戸時代からの病名なのかな〜。そして、海老蔵さんがフワフワの狐の衣装になってからは、ジェットコースター。ワ〜〜〜!って思っている間にどんどん場面が進行して、キャーキャー思っている間にもう宙乗りです。客席大満足で、大拍手でした。ツイッターにちょっと書いたんですが、狐言葉の時、声がちょっと危なくて、お疲れなのでは…と思った次第。あともう少しなので、ぐっとこらえて頑張って欲しいです。
ヨカッタ、ヨカッタ、と絶賛しながら、忠信を待ちます。花道から颯爽と登場で、ここから立ち回りです。小金吾の時は、正直だれるワ〜と思う瞬間もあるのですが、ここは結構大技が繰り出されるので、緊張感あります。出初め式、みたいなのとか、とっても盛り上がります。ハシゴに乗ったまま一回転とかも好き。紫のコーディネートがステキな衣装で、お化粧もチョイ紫な感じでした。そいで、我當さんの教経が現れて、義経、静etc.と皆並んで終幕。我當さんと安徳天皇が中央の赤い台に乗るんですけど、海老蔵さん、朝からあんなに頑張ってるんだから、海老蔵さんがお乗りになればいいのに…とちょっと思いましたです。

この日は平日で、年配のお客さんが多かったせいか、感想を大きな声でつぶやかれる方が多くて、多分、イヤホンガイドを大音量で聞いてらっしゃるから、感覚がおかしくなってるんでしょうけど「海老蔵が出ると(舞台が)締まるなぁ。顔見世に出るから、これも楽しみ〜」みたいなお話をされて、松竹のお姉さんに「お声が響いておりますから、お静かになさって!」とか怒られてたり、すし屋のラスト、「女房やったの!」とか素っ頓狂な声を出されてたり、「川の流れのように」の着メロが、権太が瀕死の時に流れたり、四ノ切で「これ一本で、来た価値ある!」とか(みんな大声)、いろいろ賑やかな客席でした。でもまぁ、だいたい、同じようなことを思っているので(着メロ以外です!)、「そうやね!私もそう思ったよ」と思いながらSさんと顔を見合わせて笑っていたのでした。楽しかったです!!
若奥様はこの日もいらっしゃらずで、縁がナイのかしら…。まぁ後援会にも入ってないので、ご挨拶もできないしナンですけど。
nice!(0)  コメント(0) 

通しで観てきた!義経千本桜 海老蔵大熱演! [海老蔵礼賛]

9月18日に昼夜通しで観て参りました〜。
観る方も疲れたけど、行ってよかった、ホント、楽しかったです。

10minamiza0001.jpg
京都はこじんまりとしてます。好きなような、そうでないような。

昼の部は一等。後ろの方ですが、やや花道に近いので楽しめそう♪この日は国立劇場監修の上演台本を持って行って、それを見ながらの観劇だったので、台詞や義太夫の言っていることがとてもよくわかって面白かった。言葉は耳に入っても、何を言っているのかわからないことも多いので(てゆうかそればかり)。例えば「しんきょう」って何だろう?と思っていたら「親兄」なんだもの。イヤホンガイドならわかるかな〜でもやっぱり片耳塞ぐのもったいなくて…。あまりによく理解できて面白かったので、これから台本集めようかな…。

というわけで、「鳥居前」からスタートです。やっぱり壱太郎さん可愛い。翫雀さんの義経とよくバランスが取れています。市蔵さんの藤太はまるで桂小枝のよう。弁慶が子どものように泣いたり、藤太と軍兵が笑わせたり、立ち回りがあったり、とても楽しめる演目です。この日は睨みの「カ、カ、カ、ンガ〜、ギロリ!!」でゲラゲラ笑われてました…。まぁいいか。狐忠信@海老蔵さんは、まだ序幕なので、狐の気配は抑え気味の得体の知れない感じ。狐六方、満喫しました♪

「渡海屋」「大物浦」で大和屋、玉三郎さん登場です。おキレイです。亀三郎さんと亀寿さんのコンビもいい感じだった。ワキがしっかりしていると安心して拝見できます。銀平の役ってカッコいいですよね〜。この役、好きなんです。ちょい関西訛りなトコとか萌えます(仁左衛門さんとかピッタリだし)。海老蔵さんって最近老けて見えて、40歳くらいに見えるんで(他のタレントさんなど、若作りしすぎですよね)、この役も丁度いいです。「主人」って感じの頼りになるオーラと、相模と入江をチョチョイとやっつける強さの迫力と説得力があります。
満身創痍で登場してくる知盛は「ハァハァ」いってる演技がちょいリアルすぎて、大物浦の舞台から浮いてる気がした。海に身を投げるとこは、格好よかったです。番附で「まだ二回目。今のところ経験値が少ないので難しいことが多くて。」と海老蔵さんが仰っていますが、どんどん経験値を上げて(って、海老蔵さんが言うと完全にゲーム用語ですな)いって欲しいです。

「道行初音旅」おキレイな二人です♪玉三郎さんと海老蔵さん、最強の組み合わせ。海老蔵さんが颯爽としてて素敵です。番附に「静が後ろ向きで扇を投げ忠信が胸で受け止める演技を見せる」とあって、「?????」逆やんか〜。ってか、この日は玉三郎さんが扇を受け損なってた。多分海老蔵さんのスローイングがまずかったと思うんだけど。今回の番附は、日本語がおかしいところもあったし、松竹も前の歌舞伎大好きの会長さんが亡くなって、だらけているのでは!?と感じました。

そして、夜の部開場3時45分まで時間があるので、鍵善でくずきりでも食べようかとぶらぶら歩いてたんだけど、少し並んでいるみたいだったのでヤメて、ちりめん小物屋さんや和装小物屋さんを冷やかしたり、おやつを買ったり、ちょっと楽しい時間でした。

夜の部は、三階席です。
10minamiza0002.jpg
雰囲気はいいんですよね〜。席は狭いけど。

10minamiza0003.jpg
三階に鳥屋が作られています!目の前にワイヤーがあるし、ワクワクする〜

夜の部最初は「木の実」「小金吾討死」。薪車さん、小金吾役ピッタリ。身分が下の権太に強請られてイビられて、悔しがりつつ耐えていたり、大勢の追手と戦って亡くなってしまうトコとか、悲劇的な役がよくお似合いです。立ち回りでは要所要所で見得を切るんですが、目力ないのが面白かった。海老蔵さんも負けずに、チンピラ役がピッタリ!?相手が弱いとわかると容赦なくいたぶるところ、雰囲気が出てて。女房子どものいる役なんですが、前のときも、いったいいくつの女房なの!?っていうおじいさんが女房役してて(ペタジーニかよ〜)、もし年格好が相当な役者さんがやってたら悋気の炎で燃え上がってしまいそう。六代君の子役がとても可愛らしかった。

休憩20分はさんで「すし屋」。梅枝さんが可愛い妹お里です。弥助役も薪車さんがよかったな〜。門之助さんです。梶原景時の声を聞いて、あらら、と思い番附見たら、男女蔵さんでした。…この人、なんかエセ歌舞伎っぽく感じるんですよね。不器用そう。この演目は見どころがたくさんあって面白いんですが、幕切れが主人公が瀕死のため、ぱっとしないんですね。面白いんですけどね。

そして30分の休憩はさんで「川連法眼館」「蔵王堂」です。海老蔵さんの四ノ切は何度目かな〜。最初に見たときから大好きで、些細な瑕疵は大きな流れがちゃんとしていると問題なく楽しめるもんだと思ったものでした。忠信登場です♪カッコいい!クール!あ〜その前に、竹三郎さんが引っ込む時に躓いちゃって、客席に笑われてました。カワイソウ。そして狐忠信登場です♪登場、見逃しませんでしたけど、本当は花道注目して、気がついたら舞台中央の忠信に「エ〜!!」って方が楽しい気がする。海老蔵さんの裏声@狐語カワイイ。モフモフの衣装も(新調されたんですね♪)。早変わりしたり、天井から飛び出たり、もう楽しさ満載でニコニコなんですが、鳥居前からずっと観ているので、「なんて大変なことをやってらっしゃるのだろう」と思って、荒法師相手にジャンプかましてるあたりから、もうウルウルで、胸がいっぱいになってました。こんな演目で何泣いてんの?と思われそうで、それはこらえつつ、宙乗りです。鼓をもらった海老蔵さんがうれしそうに体を揺らしながら上がってきます!客席を眺めてらっしゃいます。我々は桜の山になりきらねば!目の前を伏見に帰っていかれる海老蔵さんが通っていかれるので、必死で拍手して、満開の桜のつもりで涙目でスマイルしてきました。鳥屋に入られる前に、桜吹雪がブワーっと舞って、気持ち的には号泣でした〜。

もう休ませてあげて〜と思いつつ、5分の休憩で「蔵王堂」で、初めて見るので、どんなのかしら?と思ったら、立ち回りがいっぱいの、これはこれで大変じゃん!という演目。花道でハシゴに上られたりして、三階席にもオイシイとこが色々。紫でコーディネートされた衣装も素敵で。ウルウル気分のままずっと拝見して、最後は玉三郎さんいなかったけど、主要キャストが勢揃いして、晴れやかに終わったのでした。

なんかよかったな〜。あのー、このところ「別件」とか言って、ロックのライブによく行ってて、この間、黒猫チェルシーとOKAMOTO'Sの対バンに行ったんですけど、そのタイトルが「弱気なサディストVS強気なマゾヒスト」で、アタシは「弱気なサディスト」かな〜。いけずとかいっぱい言うわりに打たれ弱いから。で、海老蔵さんは「強気なマゾヒスト」と思ったな〜。オラオラ言いながら、何でこんなに自分がしんどいことばっかりするの〜って。もうね、気持ち的には四ノ切で号泣で蔵王堂で滂沱の涙な感じ。すっごくよかった。千本桜を通しで楽しめたのもよかったし、「渡海屋」「大物浦」「すし屋」「四ノ切」み〜んな海老蔵さん!で感激もひとしおでした。
舞台写真は9枚出てて、序幕の狐忠信と蔵王堂の忠信を買ってきました♪来週は夜の部を一等で拝見します!キャ〜〜〜〜!!!
nice!(0)  コメント(2) 

通し狂言 義経千本桜 まずは小手調べ [海老蔵礼賛]

「訪欧凱旋公演」の昼の部に行って参りました〜。三階なんで、海老蔵双眼鏡を握りしめまして、まずは小手調べってとこです。若奥様には今日も会えずに残念。小姑が遭遇する日はくるのかしら〜。

ちょっと書いておきたいのは、今日、身を乗り出して観劇される方が多かったです。私の両隣もそうでした。歌舞伎初めてみたいで、悪気は毛頭なさそうなんで、後ろの人に迷惑ってわからないだけなんだと思います。結婚式の中継や歌舞伎座の建て替えニュースなどで興味を持って見に来られたのかも、なので、これは劇場がキチンと「身を乗り出していると後ろのお客さんが見えなくなる」「イヤホンガイドは音漏れしないようにつける」と注意すべきと思いました。開演前やアナウンスで言ってますが、そんなの聞いちゃいないので、映画みたいに始まる前に役者さんが舞台で仰ったらどうでしょうかね。平成中村座ではそうしてましたね。

「鳥居前」静御前は壱太郎さんです。かわいらしい。翫雀さんの義経はちょっと桃太郎チック。三階から見ていると、人の立ち位置にバランスが気になるんですよね。歌舞伎はどの場面も絵のように構図がピシっと決まってて欲しいんですが、ちょい崩れ気味でしたかね。なのでこじんまりしている印象。
置き去りにされた静を藤太が捉えて、それを助けに海老蔵登場です。カッコイイ♪荒事です。藤太は踏み破られちゃってポイです。カ、カ、カ、カ、クワ〜、ギロッ!って鼻鳴らして睨むの、以前は結構笑いが起きてたんですが、もう起こらないですね。海老蔵さんがカッコ良さでねじ伏せちゃったかな。
ラストは狐六方で、こりゃ三階では見えなくて、来週楽しみます♪

25分の休憩でお弁当。トイレ、この休憩の方が空いてた気がします。舞台写真、海老蔵さん単体はまだなかったな〜。玉三郎さんとのツーショットがありました。

「渡海屋(とかいや)」「大物浦(だいもつのうら)」初めて観たとき、安徳天皇が泣いちゃって途中リタイヤだったな。今回は年長さんで大丈夫そう。
玉三郎さんと仮の夫婦なんですけど、なんか蝦夷模様の着物なんか着ちゃって、スゴク格好いいんです。ものすごく色っぽいし。美人の奥さん従えてるから余計に頼もしそうにかつ色っぽそうに見えて、三階でしみじみ萌えておりました。本性出して知盛は白装束なんですが、ところどころメタリックで、和モノのロールプレイングゲームの勇者みたい。で意気込んで行く割に、翫雀さんにアッサリ負けちゃって血まみれー。白装束がバラ肉でつくったキモノみたいになってます。
江戸の人はヘンタイですよね〜。いい男を血まみれにして、苦しめて、身投げさせて、それを弁当食いながら喜んで観るって、まぁ一緒ですね。我々と。
最後の見せ場がまたいいんですが、三階からだと、黒衣ならぬ青衣さんのアタマが見えて、興ざめだったので、これも来週の楽しみに取っておきます。

30分の休憩は、南座久しぶりなんで、売店や休憩所巡り。南座もかなりの老朽化なんで、歌舞伎座が新しくなったら、次は南座を改装してほしいです。そういえば、番附に新歌舞伎座の案内が載ってて、新歌舞伎座って、松竹と関係なくなかったっけ!?

最後は「道行初音旅」。私は今日、これが一番楽しかったです。玉三郎さんはシンプルな柄だけど華やかな振り袖でおキレイだったし。すっぽんが開いたら三階席がソワソワしだして、静かの鼓につられて海老蔵さんがお出ましです。必要以上に「狐」を出さずに踊ってられた。玉三郎さんと海老蔵さんの並んでいる姿、ホントにちょうどいいです。海老蔵さんが成長されたんですかね〜。玉三郎さんは、老化をぐっとこらえて、海老蔵さんのお相手をしてあげてくださいね。そうそう、番附見たら、人形遣いが薪車さんってなってたので、これも次回チェック〜!

というわけで、来週のチェック項目がいろいろ出まして、まずは一回目の観劇でした。
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。