So-net無料ブログ作成
検索選択

五月花形歌舞伎 夜の部「伊達の十役」で顔芸炸裂〜♪ [海老蔵礼賛]

毎年五月は海老蔵さん、何かしら歌舞伎の舞台に出てらっしゃるけど、いっつもこの時期忙しいのでスルー。だけど、同じシゴト、10年もやってりゃ手際も良くなるだると言う希望的観測と片道500円の交通費で海老蔵さんの舞台が見られる経済的ありがたさに、ついチケットを取ってしまったわ〜。

というわけで、休日出勤の会社から京都へGO。おしゃれも美味しい豪華弁当も京都観光もナシ。でも花横〜♪うふふ。楽しかった。シゴトで疲れていたのが元気になって、「アタシも頑張らなくっちゃ!」と明るい気持ちになりました。

新橋演舞場で見た時は(コレ→http://ebizo-raisan.blog.so-net.ne.jp/2010-01-17)最初の早変わりの多さに辟易として楽しめなかったのですが、今日は三回目なので、鷹揚にご見物。「10倍のご声援を」と仰る海老蔵さん。とにかく仕事量がすごくて、変わった一人芝居のよう。いつも海老蔵さんが舞台にいるのでファンにはたまらないです。これだけ頑張るには、そりゃお客様の拍手がいっぱいいりますよね。一番「おおお!!!」と客席が沸いたのは、花道で与右衛門と道哲のすれ違い様の早変わりかな?スゴイですね。累のヘンな喋り方や、花道を舟で行くところとか、萌えポイントもたっくさん。
ダミーの人と入れ替わったとたんに歩くスピードやリズムが変わっちゃって、あらら〜なトコもあったから、チームワーク命、なお芝居ですね。

そんで、奥殿。今回も飯炊きはなし。千松役の子どもが可愛くて面白かったです。八汐は右近さん。憎たらしい。床下の場面では、逃げた鼠が俊敏かつユーモラスな動きで、「ねずみ!」って大向こうからかかってました☆それでね〜。仁木弾正の登場。ってかねずみに姿を変えてたわけなんですけど、もうね、もうねーーー!悪の結晶みたいな、100%悪!みたいな、悪い顔してました〜。もうメロメロのヘロヘロ。にやけた間抜け面で、宙乗り弾正様を見送りました。二階、三階、行く先で拍手をもらってましたね。

このあと裁判で、遠山金四郎のような細川勝元(何か時代劇やって欲しいな〜。「鬼平犯科帳」やって欲しい)と仁木弾正は、さすがに対決できないので、そこは残念だったかな〜。私の今回イチは仁木弾正で、「悪い顔で睨む」のに単純に喜んでました。劇場の他のお客さんもそうだったですよ。やっぱり悪いオトコマエっていいですね〜。癒されます。仁木弾正の最期は、ものすごい拍手アピールで、劇場中のお客さんが大ヨロコビで拍手してました(タクローくんもこのくらい頑張ったら、拍手せびっても私に文句言われないと思うw)。

今回の舞台は、芸術的価値がどーのこーのよりも、いかに客をよろこばせるか、そして体力と仕掛けと目の錯覚に挑戦するかってとこなのかな?そいでもって、その仕事量と努力と度胸に感動して、たいして働いてもないのに「疲れた」とか文句ばっかり言ってる自分が恥ずかしくなり、海老蔵さんほどは無理でも、もうちょっと頑張って働こう♪と思って帰ってきたのでした。一緒に行ったSさんも楽しまれて、帰りには「また次…」という発言も。ホント、今度はゆっくり行きたい〜。

少しお疲れ気味にも見えました(いまが一番シンドイころかもしれない)が、楽まで頑張って、お客様みんなを楽しませて、明るい希望をお土産に持たせてあげてくださいね〜。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。